結婚引き出物の人気調査

今回は結婚引出物の商品を人気カテゴリー別にご紹介します。

2005年頃より引き出物として人気No1.に君臨しているものは「カタログギフト」です。
ゲストの方それぞれ向けてギフトを選ぶことが難しい結婚引出物では、もらった方が好きな品物を選ぶことができるカタログギフトが人気ギフトとなっています。また、もらった方にとってもいちばんうれしいギフトはやっぱりカタログギフトです。

贈る方にも、もらった方にも人気No.1であるカタログギフトは、まさに結婚引出物の王道と言えるでしょう。

他にも良く聞く「スイーツ」は、女性から高く男性は低いという評価となっています。食品は気候や帰宅までに要する時間にも影響するので何かと配慮は必要なギフトですね。
「食器類」は、結婚引出物ではひと昔の定番だったのですが、悲しいかなもらったままの状態(箱入り)で押入れの中、という声もよく聞きます。荷物としてかさばり重たいことや、趣味嗜好が出やすい品物ため、今の時代では定番とは呼びにくいカテゴリーとなってしまいました。

結婚引出物として、圧倒的人気を誇るカタログギフトですが、最近では、さまざまな種類のカタログギフトがあります。みなさんがもらってうれしいカタログギフトとは、どのようなものなのでしょうか?
男女ともに幅広い年代の方に支持を受けているのが「より多くの商品が掲載されているカタログギフト」です。

オーガニック商品やグルメ限定、商品券付きカタログギフトなどは一見してイメージは良いのですが、購入時に割引がききにくいとか、商品点数が少ないので選べる幅が少ない、などのデメリットも多々見えてきます。カタログギフトは「もらった方が自由に選べる」ということが最大限のメリットとなるギフトなので、あえてカテゴリーを狭めることはしなくてよいのかなとも感じます。

逆に「もらって困る結婚引出物は?」という意見としては「重たくて持ち運びが大変な品物」に。特に、遠方から親せきの結婚式へ列席することが多い年配の方々や、二次会に参加したり、小さなお子さまと一緒に列席したりするゲストからは不評となります。
他には「雑貨や小物」「嗜好に合わない食べ物」など。「自分の好みに合わないものはもらっても困る」というのが、結婚引出物をもらう側の本音のようです。列席者全員が満足する品物を決めるのははっきり言って不可能です。迷ったときには、カタログギフトを選ぶのが賢い選択なのかもしれません。

また「新郎新婦の名前や写真が入ったギフト」については論外、というお言葉をよく聞きます。このような気持ちはギフトで表現せずに写真付きメッセージカードでギフトに添えるのが親切かもしれません。